お茶とお菓子とおしゃべりと
wednesday.exblog.jp

駆け出しイラストレーターWednesdayのゲーム、アニメ、イラストなどなどのつれづれ話
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
スパイ・ゲーム評価
スパイ・ゲームを見た
監督:トニー=スコット
主演:ロバート=レッドフォード、ブラッド=ピット
ロバート=レッドフォードとブラッド=ピット新旧イケ面競演。
キャッチコピーの「プロは生きろ、アマチュアは死ね」ってのが
なんかちょっとイカスとか思って見たかったので、ちゃんと見れて良かったです。
内容は、ロバートレッドフォード演じるスパイのネイサンがCIA定年退職日に
自分が育てたトム(ブラピ)が中国で逮捕された…というニュースを聞いて
その救出の為動き出すといったお話です。
細かい部分を見ると、ちょっと無理あるだろ?っていう点もあるんですが
ネイサンがCIAに居ながらにしてトムを救出するというプロットがあるので
まあ、良いんじゃないでしょうか。ネタバレになるのではっきり言えないんですが、
システマティックに動く現代社会の再精鋭の場所だと逆にこういう事もありえるかな?
と僕は好意的に解釈しました。まーここがアリならこの映画は面白いでしょう。
個人的に気になったのはトムが中国で逮捕される理由となる、
任務上出会った女性が居るんですが、その人を中国まで助けに行くという、そこらへんの動機付けが
もうちょっとはっきりしてても良かったのかなーとか。任務後の二人のエピソードを入れるとか。
まあ、イントロ10分見逃したのでその辺で描かれたのかな。

一番印象的なシーンとして、ネイサンとトムの回想シーンで
ドイツの都市の屋上で二人が喧嘩するシーンがあるんですが
わざわざヘリコ飛ばして空撮してるんですよね。
凝ってるなーと思って調べてみたら、やっぱただの喧嘩に空撮なんか意味ないって
プロデューサともめたらしいんですが
監督が自腹で空撮費出して撮ったとか。いやーちょっとすごいなーと思いました。
FUJIFILMの看板がまたミスマッチで良い味出してましたね。
日本人なんでここで富士フィルムかよって思いましたが
外人さんが見たらどうなんだろうか。
後ネイサンがトムにスパイの教育をしてるシーンが良かったな。
久々にDVD欲しいかもと思った映画。

あ、あとキャッチコピーは非常に逆説的に使われてましたね。と。トムって明らかにアマチュアだもんな。
ネイサンがあいつは出来る子だった、天才だったって言ってるんだけど任務しくじってばっかだし。
ちょっとそこも気になった。

この映画が合わない人はショーン=コネリーとニコラス=ケイジ主演の
ザ=ロック見れば良いんじゃないでしょうか。
元スパイの活躍するアクションものだから。
そういえば主人公が同じネイサンって名前だよ。
こっちも好きですけどね。ショーン=コネリーかっこよすぎるんで。
ニコラス=ケイジはあのくらいダメな子キャラが合うよね。
いつも困った顔してるし。
by wednesday9 | 2005-04-07 23:19 | 映画とか