お茶とお菓子とおしゃべりと
wednesday.exblog.jp

駆け出しイラストレーターWednesdayのゲーム、アニメ、イラストなどなどのつれづれ話
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画とか( 19 )
インディ・ジョーンズ4
今日は、お休みを取ったので近所のシネコンまで行ってきましたよ。

感想は…わるかないけど…うーんって感じかしらん…

予告編がやたらと中国を舞台にしたものが多くて北京五輪のせいかしら。

ハムナプトラ3とかもうすでにやばさ全開ですごく気になったり。
あと、ジャッキー・チェンとジェット・リー共演の映画
なんていったかな、なんとかドラゴンもすっごくすっごくやばそうだったなぁ
外人のもやしっ子が如意棒を手に入れて時空の彼方にスッ飛ばされるなんて……

ネタばれ含む続き
by wednesday9 | 2008-07-10 23:47 | 映画とか
我が家のDVD事情
おうちではほぼ仕事なので、DVDを流しっぱなしにすることが多いんだけど
特に古い洋ドラが好きで。

特に意味もなく視聴ランキング

1:宇宙船レッドドワーフ号
モンティパイソンを超えるイギリスコメディ決定版!といえる作品。
モンティパイソン見たことないけどね。
Mrビーンよりは上。ビーンも好きだけど。
1話30分でちょうどいいし、吹き替えがまた最高によくって
音声聞いてるだけでも笑えてくる。
8シーズン52話をもう20回くらいみたのではなかろうか…
そこまで見てないか、でも10回は観たかも。
仕事が修羅場で腐ってくると、ついついかけてしまう作品。

2:特攻野郎Aチーム
これも安心して見れる作品。Aチーム全員良いんだけど、
特にジョージペパード扮するハンニバル大佐が頭がおかしくてイイ。
吹き替えの羽佐間道夫さんの声もまた良い。
2シーズン以降エンジェルがいなくなるのがちょっとさみしい。
いなきゃいいよなと思いながら1シーズンを見てたんだけど
やっぱり、いないとさみしいよね。ウン。
見てるとドタバタご都合主義かとおもいきや、意外とプロットはシッカリしてるのがいい。
敵もAチームも考えて動いてるのが好き。
にしても、どうみても元グリーンベレーには見えないなぁ…

3:冒険野郎マクガイバー
Aチームの流れを継いで作られた、みんな大好きマクガイバー
自分的ヒーロー像の一つ。
身の回りの物だけで、事件を解決していく様はまさにスーパーヒーロー
Aチームより後発なだけによりストイックにかつプロットも練られてるんだけど
仕事しながらの鑑賞において、画面をついつい観てしまいたくなるため
そこがネック。じっくり腰を落ち着けて観たい作品。
近々シーズン5が出るので予約しなければ。

4:シャーロックホームズの冒険
所持してるDVDの中では一番大切というか好きなんだけど
比較的話が重いので、ノーブルな雰囲気を感じたくなった時や
そういう作品を描いてるときに主に鑑賞。
衣装や小道具、建築、内装など資料にしつつ。
シャーロックホームズの冒険を初めて見たのは小学生のころなんだけれど
がんばって全話ビデオに収めてたのに常にバスカビル家の犬後編を
取り逃し続け、再放送のたびにチャレンジし高校になってようやく撮れたのは
今はいい思い出。DVDでいつでも好きな時に見られる。
バスカビル家の犬のオープニングとエンディングは実に秀逸で大好き。


アニメのDVDも結構持ってるんだけど、ついつい作画を観たりしてしまうので
あんまり流さないのよね…友達が北斗の拳全188話だかを持っていて
すごくうらやましい…北斗の拳なら作画を見る事もあるまいに……

ついでにアニメDVDの話を続けると、攻殻機動隊SAC1のDVDを10話まで
借りたんだけど、とっても話が重くって仕事中はシンドイなぁって思った。
それと面白いんだけど原作のどことないユーモラスな感じがなくって
押井が絡むとやたら哲学的に話がふられるのでそれはあるのだけど。
SAC1は押井関係ないのになぁ。
などと思いつつ、自分なりに分析したんだけども
弱者-強者の位置づけがステロタイプだからなのかもな~と思った。

原作は結構被害者の貧民とかも結構ずぶとく生きていて
よくよく考えると、結構悲惨な結末なのに、後味の悪さがなかったりしてるのだよね。
でもアニメ化されたりすると、やたらと社会の悪にやられちゃった可哀そうな人たち
みたいな感じが強く出すぎてる感じがする。

そういうところを見るに、世界全体を公平に見てプロットをこさえてる士郎正宗は
すごいなぁと思うのであった。
まあ、AIとしてのランクはウインターミュート@ニューロマンサー>>越えられない壁>>
人形使い@攻殻機動隊
ですけどね。

ぐだぐだなままおわる。
by wednesday9 | 2008-03-17 02:06 | 映画とか
[映画]銀河ヒッチハイクガイド
仕事中、スカイプをしてる時に話題が出て
未見だったのでDVD借りてみた。
しかも、2005年だかに映画化されたものではなくて
1980年頃BBCのTVドラマシリーズで作られたもの
(この辺が天の邪鬼。)

タイトルで大体分かると思うけど
スラップスティック(ドタバタ劇)SFのお話で
ある日突然、辺境宇宙に銀河バイパスを通すため
地球が宇宙人に粉々にされて~という
もうどうしようもないスタート。
ただひとり生き残った主人公と
ヒッチハイクガイド改訂版を作るために地球にやってきていた
宇宙人が連れ立って、ヒッチハイクをするという内容。

地球で3番目に賢いのは人類・2番目はイルカ・1番目は…
生命・自然・万物の答えを知るために作られたスーパーコンピューター
ディープ・ソートが750万年かけて出した答えとは…?などなど
全編シニカルで英国人こういうの好きだよなぁっていう。

中でも個人的に好きだったのは
あまりに賢い頭脳を与えられてうつ病になっているロボット
デザインがあまりにひどくてまたこれがいい味出してるんだな。

全体として、プロットとかきれいで良いんだけど
後発のレッドドワーフ号のほうがギャグのバランスが良くて
いいかな。
ヒッチハイクガイドは全編通してホントにシニカルずくし
おなかいっぱいって感じ。
by wednesday9 | 2008-02-05 01:10 | 映画とか
ティファニーで朝食を

オードリー・ヘプバーン ジョージ・ペパード

2回目の鑑賞だけど、最初に見たときより
しっかりした作りの印象に変わった。
ヒロイン、ホリーの性格がかっとんでるから
プロット自体も無茶があるように見えるんだけどね。
彼女はホントに、漫画的キャラクターだなぁと。
最近アメリカの古いドラマにはまってて
特攻野郎Aチームとか観てるんだけど
その中のハンニバル大佐役のジョージ・ペパードの
若い頃が観たかったというのが一番大きな理由なんだけどね。
狭いアパートの一室で、ものすごいすし詰めでパーティーやってる
シーンとか良いね~ああいうバカ騒ぎやってみたい。
後猫が可愛すぎる。オープニングクレジットにCATって出てるもんなー
ちゃんとトレーニングを積んだ猫らしいね。
作家の書いてる本が「9つの命」ってのも猫の事をあらわしてて
なかなか細かいところに気が入ってるな、と思うのであった。

以下盛大にネタバレ
by wednesday9 | 2007-08-17 20:35 | 映画とか
グッドウィルハンティング

マット・デイモン ベン・アフレック ロビン・ウィリアムス

主人公ウィルは天才的な数学の才能を持つにも
関わらず、幼い頃の養父からの虐待の為
心を閉ざし、不良の仲間とつるんではその日暮しをしていた。
そんな彼の仕事はMIT(マサチューセッツ工科大学。超名門)の校舎の床磨き。
ある日、ウィルは黒板に書かれた
最高の学生でも解く事の出来ない難問をあっさりと解いてしまう。
あくる日、MITの数学科は問題を解いた人物が誰かと大騒ぎ。
そんな中、ウィルは暴力事件を起こし、収監されてしまう。
その後、問題を解いた事を突き止めたウィルは
MITの教授に連れられて、ウィルはカウンセラーのショーンの元へ
カウンセリングを受けながら数学の難問に挑戦していくのだが…

マット・デイモンとベン・アフレックの共同脚本というのを
後から知ってビックリ。いやいい映画だった。
カウンセラーのショーン役のロビン・ウィリアムスも渋い。

孤児で養父に虐待を受けたウィルと妻に先立たれ
人生に希望を見出せないショーンがお互いに
心をぶつけあい、心の壁を取り去っていく様が丁寧に描かれている。
ウィルの親友チャック(ベン・アフレック)もいい味出してて
ただ、つるんでるだけの友達というんじゃなくて
本当の親友とは、本当の優しさとは何か、という事を訴えかけている。

総じて良い出来なんだけど、ヒロインの描写がもう少し
深く突っ込んでも良かった気はする。
ウィルとチャックは昔から仲良くてってのは分かるんだけど
少し掘り下げが弱いかな。

とは言うものの、後味も良くて、実に心に残る映画だった。
でも、チャック役の吹き替えが堀内賢雄で
レッドドワーフ号のリスターとだぶるんだよね~。
キャラ設定も不良でやる気ないけど、実は優しいみたいな
キャラでベンアフレックがイケメンって事意外そっくり。とかなんとか。
観ながらリスター何良い事言ってんだよ~!とか思ってしまった。
いや、レッドドワーフ号知ってる奴いねーと思うけどサー
ホントにやばいってあれは。

以下盛大にネタバレ
by wednesday9 | 2007-08-17 20:34 | 映画とか
コナン
といっても名探偵じゃなくて
グレートの方を見たわけだけど
久しぶりに見たら(それこそ10数年ぶりに)
すげー大味なつくりだこと…
また10年くらい見なくてもいいや。

とはいうものの、なかなか熱いセリフとかあったりして
まず冒頭のナレーション

「海がアトランティスを飲み込んで後、
アーリア民族が興るまでの間に人に知られぬ時代があった。
アキロニアの王となるコナンも、
この時代に生き、かつ苦しんだ1人である。
彼の一代記を語れる者はわししかいない。
わしの魔法で、その昔を再現してみせよう」
と、実に粋なナレーション。

で、この呪い師も劇中にでてくるんだけど
この粋なナレーションからは想像もつかないくらい
うさんくせー異教の坊主って感じなの。
異教の坊主っていうより、中国系な雰囲気の
インチキイカサマ師とでも言おうか。
ガンダルフみたいのを想像してたのに。

パーティメンバーに弓の名手(というか盗賊)サボタイ
とヒロインのヴァレリアが居るんだけど

ヴァレリアが敵にやられて、火葬にするんだけどその時の
サボタイのセリフがまた良い。
燃えてゆくヴァレリアの亡骸を見て涙を流すサボタイに、
魔法使いが尋ねる。
「なぜ泣く?」
「コナンはキンメリア族だ。彼は泣かん。俺が代わりに泣く」
やばいサボタイ、カッコよすぎる。

でも、このサボタイどう見ても
酔拳に出てくる、暗殺者みたいなんだよね。
おかっぱでヒゲ生えててさ。LoRみたいな美男子は出ない世界

でも、全体に衣装とかすげー凝ってるし
大蛇とかめっちゃリアルでなかなかそういう舞台設定的な
部分は金掛かっててよかった。

シュワちゃんのものすげー仏頂面な演技がもうね
大根とはまさにこのこと。

あーむしょうにデッドマンウォーキングが見たくなった。
あれ、良い映画だよな~。
by wednesday9 | 2007-07-31 20:59 | 映画とか
「300」を観るの巻
周辺で割と良いよと言われてた300を観る
金曜はルイルイ宅へ泊まりだったので
(4人で3時半まで原稿やってて眠かった)
映画館へゴー(映画館って言い方古い?今シネコン?)

300は前450年くらいのペルシャ-ギリシア間の戦争を
舞台にしていて、スパルタ兵300+周辺都市国家軍1500VSペルシア軍100万(実数20万くらい多分)
の戦いを描いた作品。
ある程度史実に基づいていて、スパルタ近郊のテルモピレー(テルモピュライ)を戦いの舞台とした。
ここは道幅15m片側は断崖でもう片方は海という天然の要害なんだけど
そこでスパルタが3日間粘ったおかげでアテネが海軍を準備する時間が稼げて
テミストクレス率いるアテネ海軍を主力とするギリシアがペルシア軍を
撃退するんだよね(サラミスの海戦)
さらに紆余曲折あって陸戦でペルシアを破ってペルシア軍撤退という流れになる。
その後もペルシアはギリシアのポリス(都市国家)に強い影響力を持ち続けるんだけど
結局、版図に加えることは適わくて、時代は流れて
ギリシア北部のマケドニアから立つアレクサンダーによって滅ぼされるというわけなのねー。

まあ、この間にはポリスの覇権を握った
アテネを盟主とするデロス同盟VSスパルタを盟主とする
ペロポネソス同盟がやりあったり色々あるわけだけど
それは、また別のお話。

ストーリー自体は特にあっても無くても一緒みたいな話だった。
でも皆やたらマッチョでアクションは良かったな。首とかガンガン飛ぶので
そういうの苦手な人はちょっと注意必要かも
スクリーンで見るとでかいしね。
それと、ペルシアの人たちが皆黒人なのが気になったっつーか、
ペルシア王クセルクセスの肌が黒いのって変じゃないかなぁって思うんだけど。
この辺アメコミ的というか、見分けが付きやすいのはいいんだけど、
別に肌の色じゃなくても充分見分けつくっていうか。
by wednesday9 | 2007-06-20 23:47 | 映画とか
スパイダーマン1
先週だかに2を見て、気に食わないなあって思ってた部分が
ちゃんと説明されてるのね。ゴメンね。スパイダーマン。
だから2で愛する人が襲われたら~ってやたら気にしてるのかぁ。
ゴメンね。スパイダーマン。(2度目)

でもやっぱりMJは好きになれないな。
by wednesday9 | 2007-05-06 23:35 | 映画とか
イングリッシュペイシェント
というわけで感想。

二次大戦末期、飛行機の墜落で
全身に火傷を負い、記憶喪失になった男が居た
連合軍に保護された彼は英国人の患者(イングリッシュペイシェント)
と呼ばれた。

というくだりから始まる、本作なんだけど
感想を書くと盛大にネタバレするので、下記のリンクを
クリックして読んでね。

ネタバレ有り感想
by wednesday9 | 2007-04-16 23:54 | 映画とか
ハスラーを観た
最近、ポールニューマンづいていて
スティング・明日に向かって撃て・ハスラーと続けて観た。

賭けビリヤードのお話なでカッコイイんだけど
思った以上に歯切れの悪い映画だった。
ライバルで出てくるミネソタ=ファッツの方が良い味でてる。
結局賭けビリヤードの世界で話が終始してるのが…

スティングが詐欺師
明日に向かって撃てが強盗
ハスラーが賭けビリヤードとアウトロー3本観たけど

スティングが一番いいな~。明らかにレベルが一つ抜けてる
明日に向かって撃ては前半の流れが良かったんだけどね

とりあえずビリヤードをメチャクチャやりたくなった。
普段9ボールをメインでやるけどハスラーにならって14-1やるかな~っと。
玉撞きに行こうと約束は取り付けてるのでその前にリハビリだね。
ちょっと真面目に腕をもどしとかなきゃ。

明日は朝から病院行って薬をまたごっそりもらうことになりそう…
by wednesday9 | 2007-04-11 23:59 | 映画とか