お茶とお菓子とおしゃべりと
wednesday.exblog.jp

駆け出しイラストレーターWednesdayのゲーム、アニメ、イラストなどなどのつれづれ話
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ライフログ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
コナン
といっても名探偵じゃなくて
グレートの方を見たわけだけど
久しぶりに見たら(それこそ10数年ぶりに)
すげー大味なつくりだこと…
また10年くらい見なくてもいいや。

とはいうものの、なかなか熱いセリフとかあったりして
まず冒頭のナレーション

「海がアトランティスを飲み込んで後、
アーリア民族が興るまでの間に人に知られぬ時代があった。
アキロニアの王となるコナンも、
この時代に生き、かつ苦しんだ1人である。
彼の一代記を語れる者はわししかいない。
わしの魔法で、その昔を再現してみせよう」
と、実に粋なナレーション。

で、この呪い師も劇中にでてくるんだけど
この粋なナレーションからは想像もつかないくらい
うさんくせー異教の坊主って感じなの。
異教の坊主っていうより、中国系な雰囲気の
インチキイカサマ師とでも言おうか。
ガンダルフみたいのを想像してたのに。

パーティメンバーに弓の名手(というか盗賊)サボタイ
とヒロインのヴァレリアが居るんだけど

ヴァレリアが敵にやられて、火葬にするんだけどその時の
サボタイのセリフがまた良い。
燃えてゆくヴァレリアの亡骸を見て涙を流すサボタイに、
魔法使いが尋ねる。
「なぜ泣く?」
「コナンはキンメリア族だ。彼は泣かん。俺が代わりに泣く」
やばいサボタイ、カッコよすぎる。

でも、このサボタイどう見ても
酔拳に出てくる、暗殺者みたいなんだよね。
おかっぱでヒゲ生えててさ。LoRみたいな美男子は出ない世界

でも、全体に衣装とかすげー凝ってるし
大蛇とかめっちゃリアルでなかなかそういう舞台設定的な
部分は金掛かっててよかった。

シュワちゃんのものすげー仏頂面な演技がもうね
大根とはまさにこのこと。

あーむしょうにデッドマンウォーキングが見たくなった。
あれ、良い映画だよな~。
by wednesday9 | 2007-07-31 20:59 | 映画とか
ラ・メゾン・ドゥ・ショコラとサダハルアオキ@丸の内
昨日は本社で午後から会議豪華2本立てだってので
終了時刻的に直帰する事に。
まあ、少し寄り道するかという事で
有楽町国際フォーラムあたりから新丸ビルくらいまで
歩いてロケハン。デジカメ片手にパシャパシャと。

土日の原稿&仕事を乗り切る為に何か買って帰ろうと
とりあえず、先日買いそびれたラ・メゾン・ドゥ・ショコラの
マカロン6個入り、とその隣のサダハルアオキで2点ほど



a0004582_22363371.jpg


木曜のうちにケーキは食べたのでまずはそっちの感想。
手前茶色い方がマドリッド、奥がエキゾティックという名前

マドリッド
底からショコラのスポンジに、アンズのペースト
へーゼルナッツのダックワーズにへーゼルナッツのプラリネ

エキゾティック
マンゴーを挟んだスポンジの上にマンゴー入りのスフレ
表面は焦がしたカラメル

どちらも全体のバランスが良くて美味しかった。
サダハルアオキは、やはり上位レベルだなぁ、と再認識。

ただ、今回食べて、エルメとの洗練度の差は
何なのかが分かった気がした。
それは、食感のこだわり。
味も香りもいいのに、食感が全体に柔らかさばっかりが
強くて、まあ、お菓子らしいお菓子なんだけど
マドリッドのスポンジとダックワーズ部分が
もうちょっと固かったりサクサクだと、
ずっと素晴らしい物になるのになぁ…と思った。
エキゾティックのほうは表面がクレームブリュレ
みたいにパリパリで、スフレのスッと消える感じも
良かったけどね。

とはいう物の、全体のバランスは中々良くて
人に持っていっても良いし、オススメも出来る店ではある。

そして、さっきラ・メゾンのマカロン食べたんだけど
これがまた美味しい!
元々ここのマカロンは美味しいと、
評判なのは知ってたんだけど、
ラデュレやエルメ等の有名店のマカロン食べたけど
ここが一番美味しいかも、
中身はチョコ専門店らしく、
基本ダークガナッシュかミルクガナッシュなんだけど
その中にフレーバーを織り込んでて
バニラ風味のダークガナッシュだったり
フランボワーズを入れていたりと
上質なチョコの味わいと相まってもうたまらん!
チョコ好き、マカロン好きには絶対にオススメ出来る味。

関東におけるケーキの最高峰はエルメで
チョコの最高峰はここで決まりかな、と思うのであった。


しかし、この写真に載ってるのだけで3000円近く
かかってるのはコスト的に厳しいなぁと
思う貧乏性なのであった…
たまに食べるのが良いから、まあ仕方ないかな。
by wednesday9 | 2007-07-27 22:36 | 食べ物
夏コミ情報UPしました。
HPのcircleからどうぞ。

といっても見に行くのもめんどくせーという人も
いらっしゃるかと思うので

◆コミックマーケット72(夏コミ)

スペースNO:ユ46b
サークル名:かえるの都
日時:8/19(日)
場所: 東京ビックサイト

◆COMITIA81

スペースNO:さ02b
サークル名:かえるの都
日時:8/26(日)
場所: 東京ビックサイト

という感じです。

表紙画像もぺたりと。

タイトルも打ってある奴です。

タイトルはギリギリで考えたんですが
そこそこ語呂が良く気に入ってます。



a0004582_13425285.jpg


by wednesday9 | 2007-07-24 13:43 | 同人イベント関連
トランスフォーム!ギゴガギゴ!!
TVCMがガンガンかかってるトランスフォーマー
すげーB級臭さ漂ってるんだけど
あのネイキッドな感じのトランスフォーム形態が
ちょっと心をひかれてしまう。
きっと劇場で見ても、うぁーB級って思うんだろうなーとか
わかっちゃいるけど観に行きたい。
トランスフォーム!ギゴガギゴって効果音なんだろうか…

それと昨日時かけをやってて3回目くらいで観たのだけど
初回よりちゃんと納得できた。
でもやっぱりマコトが好きになれなくて
良い出来だけどそこまでフェイバリットではないなと思った。
背景美術はすげー素晴らしいけど。

それと作中に出てくる、東博の展示会が時かけの公開時期的に
ベルリンの至宝展なんだけど、アレはいい展覧会だった。
ベルリン博物館所蔵の、イシュタール門を飾った
釉薬煉瓦の獅子壁画の価値たるや…もうね言葉では語れない。

それにしても、時間を行き来するというテーマだと、
第1回電撃小説大賞の
高畑京一郎の「タイムリープ」マジ傑作とか思う。

もっと遡れば、
ロバートAハインラインの「夏への扉」が素晴らしい。
扱ってるテーマが違うから同列に語るべきではないと
思うけど、プロットの精緻さとかでは比べる物が
無いくらい良いんだよなー。と。

まあ、そんな感じなんだけど、とりあえず体調が
すげーすぐれなくて、原稿が全然進まないの~よ~。
by wednesday9 | 2007-07-22 23:39 | ゲーム・アニメ・漫画
ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション@六本木ヒルズ


ミシュラン三ツ星のジョエル・ロブションが
気軽にフレンチをというコンセプトで作ったお店。
客席の8割がカウンター席で、シェフらと気楽に会話を
楽しめるそうな。通されたのはテーブル席だったけど。
(テーブル席でいいですか?っていう案内はあったケド)

一番安いコースで、前菜とメインで2900円+1000円で
コーヒーとデザート付き。

とりあえず初めてなのでそれで行ってみた。
頼んだのは、
前菜:ジャガイモのスープスモークサーモンのせ
メイン:イサキのポワレ


a0004582_23463870.jpg


前菜:ナスとキャビアのなんとかカレー風味。
メイン:牛のなんとかポテト添え


a0004582_23465121.jpg


前菜:アスパラのポタージュ
メイン:ハーブ豚バラ肉をポテトに乗せて


a0004582_2347819.jpg


とりあえずザックリとした感想。まずは前菜から

ナスとキャビアは、取り止めが無い味だった。
もっとぶっちゃけると、あんまり美味しくない。
味が付いてないというか…塩かカレー風味か
どっちかをもう少し入れないとまとまりが無くて…

ジャガイモとサーモンはバランスよかった。
素材感と味付けもちょうど良かった。
もっと食べたいなーと思わせる量が丁度いいね。

アスパラのポタージュはそのままずばりアスパラが
スープになってて、ビックリした。
いや、ホントにアスパラ!って感じなの。
そうとしか表現しようがない…

書くのがめんどくさくなってきた。
メインも美味しかったです。

でもフレンチの味の好みという点では
ポールボキューズ>ジョエルロブションかな。
by wednesday9 | 2007-07-14 23:59 | 食べ物
トシ・ヨロイヅカ@東京ミッドタウン
行ってきました。有名店中の有名店。
その場で作ったスイーツを出してくれるところがオモシロいお店。

台風の雨風吹きすさぶ中10時半にミッドタウン着。
すでに8人くらい居る。
(システムとしては店内16席を1時間区切りで入れ替え
店頭で名前と人数言うと何時に来てねって言われるので
その時間に行けば良い。ずっと並んでる必要は無い。)

そんなわけで、開幕11時の席を取れたのでゴー
店内でしか食べられないデザートプレート4種(一律1200円)
とお茶600円くらいの構成。
(テイクアウト用のケーキとかも注文できる)
3人で行ったのでそれぞれ違う物をオーダー
写真はそれぞれ、甘夏のミルフィーユと
桃のスフレとフォンダンショコラのアイスクリーム乗せ
(細かい名前は忘れたけど、大体そういう感じ。)
以下それぞれの感想。



a0004582_23412521.jpg


甘夏のミルフィーユは、全体にさっぱりとした味付けで
厚くカットされた甘夏と、カスタードの相性はバッチリ。
ミルフィーユの生地はかなりカッチリとキャラメリゼされてて
表面は歯ごたえあるけど、中はサクサク。
トータルとしてのバランス感覚は文句なし。
さすがと言える一品だった。


a0004582_23414051.jpg


桃のスフレはスフレ生地下はたっぷりのカスタードで
カットされた桃が敷き詰められていた。
所謂、暖かいスイーツというやつで、ホカホカホカホカ。
スフレのフワフワ感とカスタードの滑らかさ、桃の歯ごたえの
バランスが丁度良くて、これも美味しかった。
飽きがこないように、追加でかけられるシロップが用意されてたり
気が利いてたけど、甘い物すごい好きな人向けかも。
結構ボリュームあるし。ちょっと最後の方飽きてくる感じかなー。



a0004582_23415321.jpg


フォンダンショコラアイスクリーム乗せ
これが一番ヒットだったかも。
暖かいフォンダンに冷たいアイス、周りにはフルーツがあしらってあって
温度・甘さ・食感それぞれの調和のバランスがベストだった。
いやーまた食べたいなぁ…と思わせるに充分な出来。

トシ・ヨロイヅカのデザートプレートの完成度は実に高かった。
テイクアウト用のケーキ類はまだ試してないので、今度買って見たいなぁ…
久しぶりに満足できる店だった。

自分的スイーツランキング
1:ピエール・エルメ
2:トシ・ヨロイヅカ
3:サダハル・アオキ(暫定)

スイーツとしてのハーモニーでは五分五分という感じだけど
食材の組み合わせの意外さ、驚きという点でエルメを上回る物は
無いかな、って感じ。でもどっちも文句なしにオススメ。
サダハル・アオキはまあ、また買っても良いなってレベルかなぁ…


今後行きたいお店。他にもあるけど、とりあえず思いつく限り。
モンサンクレール@自由が丘
イデミ・スギノ@京橋
エコール・クリオロ@要町
レピキュリアン@吉祥寺

上手いもの日記その2。ジョエル・ロブション@六本木ヒルズへ続く→
by wednesday9 | 2007-07-14 23:40 | 食べ物
ひさしぶりの夢日記。
最近、やたらと黒光りする虫さんこと、イニシャルGが
出てくる夢を見るので、気になって夢占いで調べてみた。
(おとといは目の前に飛んできたのを避けざま日本刀でぶった切った。
避ける時思わず目が覚めた。夢の中の行動で目が覚めるのって2回目…)
今日は、部屋の中、細かい奴らがウジャウジャ居て、かたっぱしから
ゴキジェットしたりぶっ潰したり。)

以下夢占いでの大まかな内容
「日常または肉体的コンプレックスでの煩わしさに神経質になっています。
現実と同じようにGはブチブチぶっ殺しましょう。殺しそびれると、面倒ごとが
出てくるかもよ。」

……確かに最近、体調は悪いし、会社仕事も絵仕事も
打ち合わせやらペンディングやら延期やら、異常に多くて
テンションがダダ下がりだからなーと妙に納得。
すっきりとした気持ちで仕事に打ち込みたい。

それと、たまに見る夢がやたらこみいった駅のホームで
アレコレ乗り換えする夢。(小田急新宿駅とかみたいな割りとフラットなホームなの)
中央線みたいな高架とかではない。しかも大体駅のデザインは一緒。
昨日は2つの夢がミックスされていて、Gをこみいった駅でぶっ殺しまくる夢だった。
なんだろうね~。なんだろうね~。(繰り返し)
by wednesday9 | 2007-07-11 23:45 | 夢日記
夏コミ表紙ラフ
今回はこんな感じで


a0004582_1295779.jpg



この程度までくるのにすごい時間かかった
ラフ何枚やったろう…右側のお姉さんメイドの
ポーズが決まらなくて、悩んだけどまあこんな感じを基本に
細かい所を詰めていこう。

以下覚書

空は夕暮れに近づいた時刻午後3時~くらいの
イエロー~バーミリオンを含んだところからブルーへのグラデ
太陽の明りで白く飛んでる部分あり。

キャラは逆光処理
(ハイライトは白→イエロー系→固有色)
影色は海の照り返しがあるから反射光多めで

水滴と海の照り返しは輝度を高く。
(Photoshopのフィルタを使うくらいの気分で)

全体の動きのリズム感を損なわないように
by wednesday9 | 2007-07-09 01:30 | 同人イベント関連
体調悪いのでちょっと息抜きに買い物日記
うーーー、どうも働きすぎで体調が悪い。
梅雨時のもプラスされてグッタリ感倍増
毎日、喘息用の吸入薬使うのよくないんだよなー。

なんて言いつつ、仕事のラフ修正を終わらせて
夕方宅急便に乗せたりアレコレこなす。


a0004582_22171999.jpg


土曜に本当は都心まで出たかったんだけど
体が持ちそうに無かったので近場で買い物
ビジネス用のバッグが欲しくて3000円くらいの
安物買おうと思ったらなぜか本皮でお値段も10倍強
というものを買ってしまった…
いや、革の質感がとても良くて。使い勝手もよさそう。
仕事の打ち合わせとかで使う予定だけど
高かったので知り合いとかと遊ぶ時も持っていって
見せびらかそう。いや、女性のバッグにくらべりゃ
安いんだけどさぁ~。

というわけで、画像はそのバッグとずっと買うか悩んでた
ロクシタンの香水、オレンジリボン。
ホントはエルメスで好きな香りがあったんだけど
100mlで2万とか素敵なお値段でさすがに
そこまで香りに気合入れたくなかった…

はーコミケの表紙ラフでもやろうかねぇ~。
by wednesday9 | 2007-07-08 22:17 | 雑談
ポール=ボキューズミュゼ@国立新美術館
今日は、頭がガンガンして非常に体調悪いので
特に日記に書くネタも無く。
そんなわけで、土曜の日記の続きを今更書く。

国立新美術館でのランチ
ポール=ボキューズミュゼ

というわけで、フランスはリヨンの三ツ星レストラン
ポール=ボキューズの日本一号店であるところ。
展覧会を9時半~11時前くらいまで見た後
速攻並びに行く。50人いるかいないかくらいの並び。

2500円で前菜・メイン・デザートのプリフィクスという
まあ、今はやりの感じ。

選んだのは、
前菜にトマトのガスパーチョスープ!もう分かる奴だけ
分かってくれという感じだけど、わざわざそれをチョイス!
他に、鴨のテリーヌとかあった。
ガスパーチョスープは冷たいスープなんだよ。
というわけで、頂く。トマトの風味と舌触りが残りつつも
喉越しにいやらしい所は無く、非常に美味しい。
塩気も、効きすぎず、かといって効いてないわけでなく
丁度良かった。
メインは牛赤ワイン煮、マッシュポテト添え
こっちは、割とおとなしい味だったかな。
もう少しパンチが効いててもよかったかもしれない。
鳥モモのロースト、レンズ豆添えのほうが当たりだったかも。

スイーツはポール=ボキューズ氏が作ったといわれる
クレームブリュレ
ザラメ部分だけ甘くて、クリームはバニラビーンズたっぷりだけど
甘さは殆んど無かった。さすが、元祖といった味。
飽きずにぺろりと頂いた。

トータルで見て、かなり高レベルで安定感がある店だった。
いまどきにしたら薄味って言う人も確かに多いかもね。

それと、ホールのサービスレベルが非常に高かった。
水とか速攻注ぎにくるし、動きも機敏でさすがって感じだった。
中でもインカムつけたフロアマネージャらしき人が
すげーキラキラした笑顔なの!びびるつーの。
食べ終わって帰ろうとしたら、音も無く現れてテーブル動かしてくれた
(席間が狭いので出るときにテーブルずらす必要がある。)
by wednesday9 | 2007-07-05 22:40 | 食べ物